よくある質問

幼稚園では一日中制服で過ごすのですか?

制服を着るのは、登園時と降園時のみです。登園後は遊び着に着替え、その上からエプロンを着用して過ごします。
のびのびと身体を使って遊び、汚れることを気にせず遊びに夢中になれるように遊び着に着替えます。また、毎日着替えを繰り返すことで、一人で着替えることが身につけていきますし、自分の持ち物を管理する習慣もついていきます。
エプロンは市販のものもありますが、保護者の方の手作りのものを用意される方もいらっしゃいます。

給食制ですが、子どもに食物アレルギーがある場合、どのような対応策をとっていますか?

アレルギー食材が含まれるメニューの除去・代替で対応しています。対応できない場合はお弁当を持参していただきますが、お弁当箱から食べ物を移し替えて、みんなと同じ食器に盛り付け一緒にいただくこともあります。

保護者のかたで、仕事をされているかたはいらっしゃいますか?

いらっしゃいます。仕事の方でも安心して預けられるように、降園後の延長保育として「しいのみキッズ」という預かり保育制度があります。中には祖父母の方、ベビーシッターの方などが送迎されている方もいらっしゃいます。

園バスはありますか?

ございません。送迎は保護者の方にお願いしています。
登・降園の際には、保護者の方から保育者にお子様の家庭での様子を伝えていただいたり、保育者から園での様子をお伝えしたり、幼稚園とご家庭の情報交換の貴重な場となっています。また、お子様と一緒に登降園をすることにより、親子の絆を深め、コミュニケーションを取る大切な時間ととらえています。電車やバスなどの公共交通機関を利用される方もいらっしゃいます。
保護者以外の方にお願いされる場合は、受け渡しの責任上、必ず事前に連絡をしていただいています。

通園範囲や時間に制限はありますか?

特にありません。通園は毎日のことですので、お子様の体力に負担にならないように乗り物などを選ぶようにしていただいております。現在文京区や、港区から通われている方もいらっしゃいます。

宝仙学園小学校への内部進学の状況を教えてください。

内部進学を希望される方の人数は一学年の約1/3です。内部推薦の人数枠は原則25名で、条件は園の生活態度・家庭の協力体制のほかに小学校からの条件として「知能検査」の基準値をクリアすることが必要です。
9月の「内部推薦入試」で選考が行われます。

他の私立・国立小学校を受験する方はどのくらいいますか?
またどんな学校を受験・進学していますか?

一学年の約75%の方が受験を考えていらっしゃいます。年長クラスになると、園長が園児と面接し、面談を希望された保護者とともに園生活の様子から家庭生活の仕方や大人とのかかわりを考えていきます。
【主な進学先】慶応、早稲田実業・雙葉・青山・成蹊・学習院・立教・成城・立教女学院・筑波・お茶の水・学芸大附属・都立立川国際小など

園の行事で保護者のお手伝いはありますか?

入園と同時に全員が「母の会」会員となり、年に1、2回、園の行事のお手伝いや母の会の活動に参加していただきます。また、各クラス、学年ごとに食事会などを行い、幼稚園生活を楽しめるよう保護者同士の親睦を深めていきます。

トイレトレーニング中でも入園できますか?

問題ありません。2歳前後からトイレトレーニングをなさっていると思いますが、まだトイレトレーニング中の方も、入園後、友だちとトイレに行く体験により刺激を受け、おむつを卒業するケースが多いようです。今までのトレーニング内容やご家庭の様子を伺いながら、おむつが早くはずれるよう、ご家庭と一緒にトレーニングに取り組みます。

ベストリッチクラブに入会しないと入園はできませんか?

同クラブに入会していなくても入園は可能です。
園生活を体験できる当クラブでは、自分のことは自分でしようとする気持ち、先生の話を聞く事の楽しさ、友達と過ごすおもしろさなどを親子で経験しています。
入会している方は、内部入試の優遇制度があります。

仏教精神を基盤とした教育方針ですが、仏教を信仰したほうがよいのでしょうか?

宗教は問いません。
仏様に心静かに合掌することを大切にしております。日々の生活の中や行事などを通して、「仏教の教え」をもとに相手の気持ちをくみ取ることなど、思いやりや感謝の気持ちを育てる保育をしています。