園長ブログ

🎎ひな祭り🎎

投稿日2022/3/3

三月三日は『桃の節句・ひなまつり』

昔から女の子お祝いのお祭りと言われています。

玄関には、目に鮮やかな緋毛氈、七段飾りの雛人形が飾られており、毎日子どもたちが嬉しそうに眺めています。

子どもたちの作ったお雛様もそれぞれ保育室や廊下に飾られています。

古代中国で三月最初の巳(み)の日(上巳:じょうし)に災厄から免れ、不浄を払うためにみそぎをする風習が行われていました。

一方日本では農耕の始まる時期に身の汚れを祓うため、海や山に出て一日を過ごす「巳の日の祓い」という行事が行われていました。

これは紙を人間の形に切った「人形(ひとがた)」を海や川に流すものでした。今でも「流しびな」の風習が残っている地方もあります。

初めは紙で作られていた人形ですが、次第に精巧なものへと変化し、流していたものが飾られるようになりました。

災いを祓うといわれる「桃の花」、病気にきくといわれる「よもぎ」の草餅も供えてまつるようになったということです。

 

♪あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花

 五人囃子の笛太鼓 今日は楽しい雛まつり♪

 

日本の伝統行事はいつまでも大切にしたいものですね。

 

   令和4年3月3日 記      田中昭子

error: Content is protected !!